FullSizeRender


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


FullSizeRender


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


この情報は 数ヶ月前から 当会にも入っていましたが、ピースウィンズは行政と深く繋がっているので 私達が取り上げても 揉み消される可能性があった為に 浅田美代子さんとも相談をしていました。

今回やっと 竹中獣医師の告発で ピースウィンズ、ピースワンコの犬達が 毎日のように嚙み殺し合いをしているという事実が明るみに出ます。

テレビやネットに出て居ない秘密のシェルターに 2000頭以上の犬が 避妊も去勢もされず、
オスメスも分けずに入れられて居ます。

当然あちこちで交配し、喧嘩も起きて、沢山の怪我や 毎日嚙み殺される犬がいると言うのです。

そして、毎月のようにかなりの 仔犬が生まれているとの事。

悲惨なのは その子犬達が周りの犬に嚙み殺されて居て、朝には バラバラの子犬の遺体が有ったそうです。

詳しくは 週間新潮の記事が出てから 分かると思います。
現場で噛み殺された犬の画像も 子犬の何枚も有ります。

ピースウィンズ、ピースワンコは 事実を認めないと思いますが、これから沢山の証拠や 証言が出て来るはずです。

ふるさと納税制度で 8億円以上の税金を支援され
どんどん施設を増やすことに 力を入れて来たピースワンコですが、
2400匹とも言われる 保護犬達の為には
医療室も 何も無い状況だったそうです。

喧嘩して 深い傷を負った犬も包帯で巻いただけで
薬も 傷を縫う器具も何も無い為 皆んな死んでしまうそうです、あり得ないです!。


これは 皆さんを騙し 保護犬を使った詐欺だと思います。
広島県は 渡した犬と 貰われた犬、在籍している犬の数を調べているのでしょうか?
子犬がどんどん増えているのはおかしくないですか?

安易に殺処分ゼロを謳い 避妊去勢もしない団体に 税金を使い犬を丸投げして来た行政の責任も大きいと思います。

裏で いろいろと繋がりがあるみたいですね、、、
ピースウィンズにも毎年何十億円ものお金が税金から入っているそうで ヘリコプターも2機
所有しているそうです、
びっくりする事だらけです。


ピースワンコの 隠れシェルターの犬達は 毎日のように弱い犬がリンチで嚙み殺されて、
今も危険な状況に居ます、 
一日も早く犬達が 一匹ずつ分けられ、避妊去勢をしてもらえる事を願っています。


ピースワンコが 殺処分ゼロにしてくれると信じ
ふるさと納税や 寄付で
被害を受けた方は沢山いると思います。


行政の 犬の引き渡しを一時止めて頂き、早急な対策を考え実施してもらえるように
皆様のシェアを宜しくお願い致します。


一番の原因は 犬を捨てる飼い主です、
短期間で 2400匹以上も 捨てる飼い主がいるのも何とかしなければ また保健所に捨て犬が溢れて殺処分が再開されるのです。