d6aafef6.jpg

f23e60e1.jpg

ac52865b.jpg

aea1d9c2.jpg

955c444c.jpg

32ae0622.jpg

3ada2371.jpg

d3d1846f.jpg

381ef8ee.jpg

ce174157.jpg

1c54477a.jpg


レスキューした時 てんかんと言われていたスコティッシュなのですが、
ご飯も殆ど食べられずに 横たわってしまって居ました、
チワワの手術をして下さった時に 先生にちょっと診ていただいたら、

門脈シャントの疑いがあるから
早急に 血液検査のアンモニアを調べて来る様に ご指示がありました、
翌朝 近くの病院で アンモニアの数値を計ったら やはりかなり高くなっていました、

検査表を先生に写メで送ったら
その他の数値から言って 門脈シャントだと診断されました、

てんかんだと思い、 抗てんかん薬を飲まされていた為 その副作用も有りました、
食事も 普通の物を食べさせていたので アンモニア数値が上がって
アンモニア脳症の様になっていた様です、
ぐったりとして寝たきりになったので近くの病院にそのまま入院になり、昨日退院させて 夜には緊急手術になりました。

その病院では F I Pの可能性が高いと言っていましたが、

こちらの先生の 経験と症例の多さからの判断では 門脈シャントでした。

早く手術をしなければ かなり危ない状況でしたので 先生や助手の方も 心配して 急遽
昨夜 緊急手術をして下さる事になりました、

CTも無く Cアームもまだ無い状況で 実績と感による手術になりましたが 素晴らしい手術で感動しました、、、

シャント血管を探し 縛る作業はとても大変でしたが 先生の外科技術の高さに救われました。

肝臓は やはりとても小さくて 成長していませんでした、

術後は復元ドライヤーの出番です、
濡れた身体を乾かし温めるのは、私達の仕事です
プリンス君の 様子も落ち着いていて安心しました。

スタッフさん達も 深夜まで 見ていてくれて 本当にありがとうございました。

手術が終わったのは 11時過ぎで
先生も助手の方も 緊張の連続で さぞお疲れだったと思います。


たった一つの 小さな命を救う為に 時間を作り 駆けつけて下さった先生、
いつも本当にありがとうございます。
心から 感謝しています。
m(_ _)m

。。。。。。。。。。

まだまだ難病の子を救うには 高価な機材も揃えなければならず
これからもまだ継続して医療費用が必要です、


アンモニアの計れる血液検査の器械も 入れなければ 緊急時 間に合いません、中古でも 数十万円するそうです、

しかしこれだけ門脈シャントが多く、その検査が診療室で出来ないのは かなり不便な状況です、

何とかして この血液検査の器械を購入したいと 強く感じています、

中古で 程度の良いものを早急に
先生に探して頂だきたいと思っています。

元は100万以上する そうですが
お安く 譲って下さる病院様はいらっしゃらないでしょうか?

そして 皆様にも病院の医療機器の設備や医療費のご支援をお願い出来ないでしょうか、

沢山の方々が 病気の子供達の為に少しずつの負担をして 頂けましたら、 もっと必要な医療機器を揃え 高度な医療を受けさせられます。


まだ 環軸亜脱臼の子供達も 門脈シャントの子も、心臓手術の子供達も 機材が揃うのを 待っています、

緊急の場合は 大学病院などに連れて行き手術になりますが 、
シェルターの診療室で 高度な手術ができるようになれば より多くの命が救えるのです。

私達は 難病の子も 障害のある子も
適切な医療を受けさせて 健康を取り戻し、 幸せな未来を探して上げたいと スタッフ一同 日々活動しています。

どうぞ 私達の活動に温かいご理解とご支援ご協力をお願い致します。
m(_ _)m