7518448e.jpgこんな悲惨な姿の子猫が センターに保護されました、

拾った方が 病院に連れて行くと 連絡が有ったようですが、

近所の 病院では手術が 不安なので、ボランティアさんが 別の病院に入院させて 眼球摘出になりました、

ボランティアさんも手一杯の為、
預かりさん、
里親さん、 両方探す事になりました、

二ヶ月過ぎの男の子、性格 良好!

今は 目も綺麗に塞がっています、
ご安心下さい!
f^_^;